エンジェライト(アンハイドライト?)


エンジェル・天使の石と呼ばれる青灰色の石です。

昔から、豊作と好天候に恵まれる『守り石』として珍重された石だそうです。
本来、正しいとされる真理に触れる機会に恵まれ、より深く理解することによって自分自身が磨かれ宇宙的な意識にまで達することができ深い愛を認識させてくれるそうです。

また、その名前からか天使を呼び寄せる石とも言われています。
…でも、呼び寄せるのもいかがなものかと、(^_^;)
見ては見たいですが、まだお迎えには来てほしくはないですね(笑)
ですので、お迎えではなく幸運・幸せを運んでくれるのだと思います!(*^^*)


☆☆☆・・・由来その他・・・☆☆☆

この石の色が天使を想像させることからギリシャ語の『Angelos』に由来するそうです。
ナスカの地上絵で有名な、ペルーのナスカ地方や南アフリカで発見された石ですので、神秘的なのは名前だけではないようです。

『エンジェライト』は『アンハンドライト』と『セレスタイト』の中間に位置する石のようです。場合によってはアンハイドライトと同物として扱われているようです。

肉体的な作用として…

鼻や喉の粘膜の炎症を抑えて痛みを和らげ血液を浄化して、伝染病の治療にも効果があるそうです。
※注※ エンジェライトは水に弱いので水にはなるべく触れないように特に塩水には弱いそうです。


←もどる