ガスペイト

和名:菱ニッケル鉱
別名:レモンクリソプレーズ


さわやかな黄緑色のこの魔石『ガスペイト』は
精神、感情、心に作用する力が強い石とされているようです。

それは…
人の意見や表現を理解し受け入れる事の出来る寛容さを持てるように
自分自身を信じ、自分の誤りを正し、そして自分自身や他者をより愛せるように
人間的成長促し、人を惹きつけ信頼を得ることができるように
人を愛し愛される人間へとより成長を促してくれるといわれます。



★…由来その他・・・★

通常『レモンクリソプレーズ』で販売流通しておりますが
『クリソプレーズ』(参照)では無く『ガズペイト』になるそうです。

名前の由来でもあるカナダの『ガスペ半島』で1966年に発見され比較的新しい石です。

当初はくすんだ色の『クリソプレーズ』と思われておりましたが、
その後鑑別により全く異なる鉱物になる事が判明したのですが
名前はそのまま残り『レモンクリソプレーズ』として現在も流通しております。

また、その多くは『ガスペイト』に『マグネサイト』(参照)『クオーツ』が混合(混晶)したもので、
画像ものは鑑別に出したところ『ニッケル・マグネサイト・クォーツ』と鑑別されました。

写真上は日本でよく流通しているタイプで
写真下は海外で流通しているタイプの『レモンクリソプレーズ』になります。
その他の呼び名では、『マグネサイトカルセドニー』や
写真下は『イエローターコイズ』『オーストラリアターコイズ』としても流通しているようです。

新しく発見された石ではありますが、それ以前より
オーストラリアのアボリジニの間で使用されていたとも言われます。

上下の色の違いは『ガズペイト』『マグネサイト』等の割合からのようで
緑色が濃いほど『ガズペイト』の割合が多いそうです。
なお、茶色部分は酸化によるものだそうです。


肉体的な作用としては・・・
心臓、肺、胆嚢の機能回復に使用されるとの事です。


←もどる