レピドライト

和名 リシア雲母

灰紫色と言えばよいでしょうか、優しい感じの紫色の石です。
石自体は他にも赤紫ピンク色の物もあるそうです。

古くから「変革の石」とよばれる石だそうです。

新しい物事への挑戦の際に身に付けておくと大きな障害を防いでくれたり
順応しやすくしてくれるそうですので何か新しいことを始める方には最適かもしれません。


その他にも、肉体・精神・感情のバランスを保ち安定させ豊かな想像力と
楽天的・ポジティブな考え方を与え障害を希望に変えるように導く力があると言われています。

また、正直さと慈愛を高める石とも言われるそうです。



★…由来その他…★

名称は、ギリシャ語で鱗(うろこ)の意味の『lepidos』に由来します。
結晶の多くが鱗片状になっていることからだと思います。

『マイカ・雲母』の一種で『スポデューメン』『クンツァイト』などと共産するそうです。

画像は同じレピドライトです。
また、ラベンダー色の『レピドライト』もよく流通しております。



肉体的な作用としては・・・

心臓部に働きかけて血液の循環を良くし、筋力の増強と安眠を促す効果があるとされています。
また、アルコール中毒の治療にも良いとされているようです。




写真上:レピドライト
写真上:レピドライトラベンダーカラー

←もどる