ファントムクォーツ

和名:幻影水晶


『水晶』の中に濃淡の差がある色縞、または色相の異なる層の繰り返しが見られそれが幻、幻影の様に見える神秘的な姿を持つ『水晶』です。

その力は、『水晶』をより高めたバランスのとれた強いエネルギーを持つとされ潜在能力を引き出し、やる気や決断力を高める力があるとされます。また、『水晶』と同様に魔を払うなど、あらゆるものに対しての浄化作用や霊力など秘められた力を引き出し強くする働きがあるともされております。

その他にも、洞察力を高める力や瞑想する際に使用するとより深く早く瞑想に入る事ができるとも言われます。中国では、一歩一歩前進する、向上していく…事業運・金財運・人生運など全てにおいて日々どんどん良くなると言われまた、子供の成長を願うときにも良いとされるとても縁起の良い『水晶』だそうです。


★…由来その他・・・★

別名でも、色々な名前があるようで…『ファントムクォーツ』をはじめ、『幻影水晶』『山入り水晶』『幽幻水晶』や色が見られるものは、白色なら『ホワイトファントム』緑色なら『グリーンファントム』とも呼ばれます。また『ブーブーガー』水晶、もしくは『ブーブーガークォーツ』とも呼ばれます。

『ブーブーガー』はよく『階段を上る』という意味で説明がありますがおそらくは、中国語の『歩歩高陞/ブーブーガオシェン』からではないかと思います。意味は上記の中国でいわれている石の力にあるように『一歩一歩前進する』『向上する』『とんとん拍子に出世する』などの意味を持つ縁起の良い『四字熟語』だそうです。

なお、このファントムとも色縞は、石英が成長する過程で気泡や他の鉱物の微小結晶が内包し集積すると結晶の色合いが変化したものだそうです。

その、内包した鉱物により、その姿色合いも変わり…
緑色は主に緑泥石『クローライト』(参照)・赤褐色は『ヘマタイト』(参照)等の鉄酸化物・青色はリーベック閃石(Riebeckite・リーベッカイト)・白色は気泡や水泡の含有によるものになるそうです。



肉体的な作用として…
細胞の再生を促して新陳代謝を活発にし、また、有害な電磁波や光線の消散作用(散らして消す)を高める力があるとされています。

※画像はファントムは見え難いですが白色系であり気泡や水泡の含有によるものだと思われます。


←もどる