ピンクエピドート

和名、緑簾石


過去からの解放を暗示するといわれる鉱物だと言われます。

それは、過去の呪縛にとらわれることなく自由で発展的な思考ができるように促してくれるそうです。
その為、固定概念からの脱却、自由な発想、ひらめきを生み、人生においても前向きにいきいきとした生活を導いてくれます。

また、一日一日の大切さを気付かせてくれるとも言われるそうです。



★…由来その他…★

エピドート』は和名で『緑簾石』と呼ばれ、幾つかの鉱物種類からなるグループ名でもあります。

因みに、『エピドート』の名前の由来はギリシャ語で『増加する』という意味の『epidosis』からだそうで結晶の状態の特長かから由来するそうです。
また、和名の『緑簾石』は同じく結晶の状態の特長かから由来するそうで、緑色で『簾(すだれ)』に似ているからだそうです。

あと、グループ名という事ですので、同グループには『ゾイサイト』があります。
ゾイサイト』と言えば、青色系は『タンザイナイト』桃色系は『チューライト』になります。

色合は数色あり通常は緑色系が多いですが、画像の『エピドート』はピンク?赤?系になり同グループの『チューライト』同様に少量の鉄とマンガンの作用によるものだそうです。

なお、鑑別に出したところ『マンガノエピドートシスト』と鑑別されました。
まだまだ、あまり見る事のないレアストーンの一つだと思います。



肉体的な作用としては…

軽い症状の病気の治療に用いると効果が高いといわれ内分泌の不調を改善する力があるそうです。

←もどる