ピンククォーツ


名前の通りピンク色の水晶です。

しかしながら、ピンク色の水晶と言えば『ローズクォーツ』がありますが、こちらは同じ石英(クォーツ)を主成分とする岩石(混合物)『石英片岩』類に近い鉱物になるそうです。

鉱物的には『石英片岩』類に近い鉱物で、さらに、『ピーモンタイト/紅簾石』を含む『紅簾片岩』に近いものだと思います。可愛いピンク色は、『ピーモンタイト』に多く含まれる『マンガン』に起因するらしいです。

はっきりとした区別できない、どっちつかずの変種?のようなものらしいので、ある意味珍しい石だと思います。その為、鑑別機関でも石英を主成分とし、ピンク色ですので鑑別名が『ピンククォーツ』となったようです。

その為、昔からの言い伝えなどがあるわけでは無いので、そのパワーは分かりませんが、多くパワーストーンに共通するパワーとして、ピンク系の色合いは『愛』に関連する事柄が多いので同様のパワーが期待できるのではないかと思います。

あとは、その他の秘められたパワーは自らで感じ取っていただければと思います。

なお、珍しいと言っても価値は高いものではないようですので価格的には高価なものではありません。
(^.^)

←もどる