ホワイトクォーツ

この美しい白色の石は、純粋な心を引き出し
開放的で伸びやかな気持ちにしてくれるヒーリングストーンです。

また、白は何色にも染まりやすい色であるように無限の可能性を秘め
しかし色の中では一番明度(明るさ)が高い色でもあるように、周りに左右されること無く
自分想い、意思、自己を強く持つことができるようになるといわれます。
そして持つ者をも輝かし魅力を引き出す石ともいわれます。

そして、その姿は本当に美しい白色であり、写真では分かり難いですが…
石の表面がまるで雪をぎゅっと固めた時の雪玉の表面のようで、
透明の水晶が氷の化石と例えられるなら、こちらは雪の化石のようです。
(*^_^*)

☆・・・由来その他・・・☆

なお、『ラビットジェード』と呼ばれる石でもあります。

『ジェード』の名前がついておりますが、ジェード(ひすい)ではなく
以前『クォーツァイト』もしくは『クォーツ』になるとの事で紹介させていただいておりましたが、
今回鑑別の結果、白色『クォーツ』として鑑別されましたので『ホワイトクォーツ』として記載させていただきました。
その白さは隙間なく液体インクルージョンが密集した状態なので白く見えるそうです。

因みに、白色は先ほど記載させていただきましたように
明度が高い為また膨張色といわれ大きく見えるそうで、
逆に明度が低い黒色は収縮色といわれ小さく見えるそうです。
ですので、碁石の白石は黒石よりも小さく作られているそうです。
(なお、碁石の白石は貝殻で作られている事が多いようです。)


←もどる