レッドアベンチュリン(天然アベンチュリン)
レッドアベンチュリン(染色クォーツァイト)

レッドアベンチュリンと呼ばれる石には2種あるようです。
1つは良く見かける下段写真の真っ赤というよりもオレンジ色に近い色です。

その力はアベンチュリンと同様の力を持つと云われ
安定と洞察力の石と言われ、身に付ける人にツキを呼び
チャンスをもたらし、逆境を乗り越えるパワーを与えて、行動力と情熱をおこさせてくれます。

心の緊張を解きほぐし、精神を安定させるとも言われます。

また、食欲増進にも効果があると言われますので食欲のない方
食のほそい方にはオススメの石かもしれません。

★…由来その他…★

さて、『レッドアベンチュリン』のほとんどは写真下段の
石英系の石『Quartzite・クオーツァイト』を染色した石だそうです。

では、写真上段はと言うとこれこそ天然『レッドアベンチュリン』になります。
もっと正確に言うと本来の『アベンチュリン』になります。

本来『アベンチュリン』は『ヘマタイト・赤鉄鋼』(参照)や
『ゲーサイト・針鉄鋼』のインクリュージョンを含み
キラキラと輝く写真上段の様な赤色系の『クォーツ(石英)』の事だそうですので
『レッドアベンチュリン』と言うよりも『アベンチュリン』(参照)と言った方が正しいのかもしれません。

ちなみに、『Quartzite・クオーツァイト』に『Fuchsite・フックサイト』を
インクルージョンされた緑色の『
グリーンアベンチュリン』が通常『アベンチュリン』と呼ばれていますが
それは単に産出量が多い為だからだそうです。

肉体的な作用としては…

肝機能を高める力があるといわれ、体中の老廃物を
排除し水分などの量を適切に保つ働きがあると言われています。



←もどる