勾玉とは、古代に使われた装身具のひとつで、「曲玉」とも書きます。

古代より、魔除け石・幸福を呼ぶ石といわれ身に付けられ
剣、鏡と共に三種の神器として権力のシンボルともされてきました。

その形は太陽と月が重なりあった形を表し穴は、いま自分を
生かしてくれている祖先とのつながりを表していると言われます。

そして身につける事により太陽のエネルギーと、月のエネルギーを
日夜受ける事ができるとも言われてきました。

その他にも胎児説・陰陽図説・牙説・角説・月説など諸説ありますが、
これについては良く分かっていません。

その歴史は古く、縄文時代のおわり頃(3,000年以上前くらいまえ)から
だといわれています。

素材としてはヒスイ(硬玉)、碧玉、メノウ、滑石、粘土、ガラスなどが
使われたとされています。

女性が身に付けると輝くような美しさを身に纏うとされ、
また、形が胎児を表しているという『胎児説』から
安産のお守りとしても使われていたそうです。

男性の場合は戦いのお守りとして、
腕飾りや刀の装飾品として利用されていました。


使用石
『タイガーアイ』(詳細)・『アベンチュリン』(詳細
『ローズクォーツ』(詳細)・『ヘマタイト』(詳細
『赤メノウ』(詳細


←もどる